健康コラム

生理痛と多関節痛

鎌倉市大船 35歳 女性 H.Mさん

鎌倉市大船 35歳 女性 H.Mさん

生理痛と多関節痛

  • ★指のこわばり、関節の痛み
  • ★かかとの痛み
  • ★腰痛
  • ★橋本病による全身のだるさ
  • ★股関節の痛み(寝る時も痛い位)
  • ★ひざの痛み(足を引きずっていた)
  • ★生理痛(痛みで意識が遠のく程、薬を飲まないと動けない)

以上の様な全身に出ていた症状で、毎日だるくて、痛くて、何をするのも億劫で遠出をできるだけ避け、気分も落ち込んでいる状態でした。

あまりにもだるく、重く、痛く、頭もボーっとするため、大学病院で橋本病(甲状腺機能低下)の検査をしなおしたりもしましたが、急激なホルモン数値の変化もなく、気のせいの様な言い方をされ、ますます落ち込んだりしました。そんな中、母の勧めで半年程前に はまの整骨院へ来ました。

先生は細かく、おだやかに全ての不調を聞いてくださいました。

「こんなにたくさん痛くて、今まで辛かったでしょう。大丈夫、必ず良くなります。」とおっしゃってくださいました。大学病院でも気のせいと言われた時の絶望感と真逆の安堵感でいっぱいになりました。今では痛みもほとんどなく元気に働き、出かけています。

生理痛は薬を飲まなくても平気になりました。

先生、いつもありがとうございます。

院長のコメント

☆生理痛

「生理痛とあちこちの関節が痛い」ということで来院されました。
この方の生理痛はかなりきつく、「痛みで意識が遠のく程」だそうです。これが毎月続くのですから辛いことと思います。
当院の生理痛に対する施術は、簡単に言えば骨盤の調整とホルモン系の調整です。
骨盤という容器がゆがむと、中に入っている婦人科の臓器にもゆがみが生じ機能が低下して様々な障害の原因になるのでこの骨盤調整は大切です。
幸いにもこの方のつらい生理痛はほどなく解消しました。

そういえば数年前「気絶するほどの痛みを伴う生理痛」ということで来院された、30歳代の女性がいらっしゃいました。
この方は本当に「気絶」するのだそうです。この方は婦人科で「子宮内膜症」と「子宮腺筋症」と診断されたということでした。この2つは生理痛の原因としては2大横綱です。この方も短期間のうちに改善されています。

近頃、女性の生理に関する様々な障害を総称してPMS(月経前症候群)という言葉が知られてきました。
この症状で来院される方が増えています。
                              このような強い生理痛があると妊娠しにくいとも言われているので、不妊で悩む方はこの問題は解決しておいた方がいいと思います。


☆関節痛

「あちこちの関節が痛い」と悩む方は比較的多く見られます。この方はいわゆる6大関節(肩、ひじ、手首、股ひざ、足首)をはじめ、首の関節、手と足の指の関節さらには腰の痛み(病院でヘルニアと診断された)に悩まされてきました。足にはしびれも出ていました。ありとあらゆる関節が痛く、何もする気が起きなくなるのもうなずけます。
好きなピアノも10分も弾けば手が痛くなり、外出すればすぐに痛みで足を引きずっていたそうです。怪我をして痛めたわけでも無いのに痛いのです。

こういうタイプの原因不明の痛みに悩んで来院される方は比較的多いです。
このように多くの関節が痛いとなると病院では様々な検査をします。画像診断(エックス線、超音波、CT、MRI)や血液検査で異常が見つからないとなると原因不明ということになり治療方法もなく、せいぜい痛み止めを使うくらいでしょう。そもそも人間が訴える体の痛みは大部分が原因不明だそうですから無理もありません。
現代の医学は進歩したと言われますが、人体はまだまだ大部分が解明されていないといってもいいと思います。
原因不明だとしても、身体は自らを改善させるシステムと能力を持っていますのであきらめることはありません。