強いうつ状態が改善されました

横浜市栄区 50代 女性 Y.Tさん

横浜市栄区 50代 女性 Y.Tさん

強いうつ状態が改善されました

私は15年以上前から精神的な症状に悩まされ大量の抗精神薬を飲み続け、強い倦怠感、体の強い張り、浅い呼吸などの症状に悩まされ、数年前に浜野先生の治療を受け初め、治療後は辛い症状が和らぐのですが、また元の状態に戻る繰り返しで特にうつの症状がひどく年に2,3回の入退院も繰り返し治療の中断は度々ありました。

そして先生がまず薬の副作用を取る治療を始めてくれて、そしたら副作用を取るだけでそれまで出ていた辛い症状がほとんどとれました。
そして家でうつがひどくて動けない時も先生は電話で副作用を取る治療をしてくれました。
そして私は薬を減らすことに決め病院での処方される薬も減らしてもらい、自分の判断でその薬も減薬しはじめました。
普通精神薬を自己判断でへらしてしまうと離脱症状が出てしまい、ひどい症状になることも多いのですが私は以前から、副作用を取る治療をしていただいていたおかげもあり、離脱症状がなく、それどころか精神的に体調を取り戻して、まだ完全に薬をなくしてはいませんが、この数カ月で別人のようになりました。

体の症状は元より表情も明るく、周囲の人に言われるのが、目の色が全然違うと言われ自分の変わっていく姿に自分が一番おどろいています。

きっと私は入院も卒業できると思っています。これからも浜野先生の治療を受けながら。

院長のコメント

当院は精神科でも心療内科でもありませんが、「気分の落ち込み」や「うつ」を訴えて来院される方がいらっしゃいます。また「パニック症状」に悩んで来院される方
もいらっしゃいます。
はじめは腰痛とかどこかが痛いとかで来院されてそのうち信頼関係が出来てくると、「実は・・・なんですが」という具合に話が始まって施術してみたら効果があったということを聞いて口コミで来院されるケースが多いのだと思います。

この方は、数年前から来院し始めました。
治療すると症状が緩和されますが、しばらくするとまた元の状態に戻るといいうことの繰り返しでした。

その間年に2~3回の入退院を繰り返し、1回の入院が1か月単位だったそうです。
しばらく見えないなと思っていると、ある日ひょっこり来院されて「入院していました」とおっしゃるのでした。
来院し始めた頃から比べるとここ1年くらい前から症状がどんどん悪くなる印象でした。
うつ状態が悪くなると身体のだるさの為起き上がることも出来ず、1日中寝ていなくてはならず日常生活もままならない為入院せざるを得なくなるのです。
病院で処方された薬も大量でした。苦しい症状を訴えるたびに薬の量が増えてくるのだそうです。

当院ではこの方のように普段から大量の薬を服用している方には、通常の施術を行う前に薬の副作用を除去します。そうしないと施術の効果が出ないのです。
この方の場合薬の副作用を除去しただけで、今まであった身体のふるえがおさまり、自分では挙げられなかった手や足が挙がるようになり、うつろな目、張りもつやもなく垂れ下がった感じの顔の表情がパッと明るくなり、苦しかった呼吸も深く入るようになったのです。
薬の摂取がうつの状態を悪化させていたのです。
この変化をご自分の体で感じたこの方は主治医にお願いをして薬の量を減らしてもらい、いまでは元気を取り戻しつつあります。